FC2ブログ
こんにちは!

 神仏には感謝です。
line
こんにちは!

 神仏には感謝です。
line
こんにちは!

 神仏には感謝です。
line
こんばんは!

 神仏には感謝です。
line
最近は夏になって暑いですよね。

 そのおかげでエッチもろくにできません。

神仏には感謝です。
line
2.初体験

「綺麗なお嬢さんだ」
「こっちに来ないで」
私の服が切り裂かれてボロボロにされた。
「初めてか?」
「はい」
「俺達二人を相手にしてもらおうか」
一人の男性が私を抱き抱える。
私は男性に抱きついている格好になる。
「こんな格好嫌」
「さてと俺達を楽しませてくれよ」
一人の男性はペニスを秘部にあてがうと一気に挿入された。
「痛い、痛い、痛い」
秘部から血が流れている。
初めての証拠だった。
もう一人の男性がお尻の穴の中にペニスを挿入してきた。
「そこはダメ、嫌」

男性達はゆっくりと腰を動かす。
「秘部の中が気持ちよすぎてすぐ出ちゃうかもな」
「中には出さないで」
男性は聞いていない。
「お尻の穴の中も気持ちよすぎるな、すぐ出そうだ」
「嫌、嫌、嫌」
男性は腰を激しく動かしている。
もう一人の男性も腰を激しく動かしている。
「激しく動かさないで」
男性達は聞いていない。
ペニスで秘部の中を突かれている。
お尻の穴の中をペニスで突かれている。
「そんなに突かないで、気持ちよくなっちゃう」
男性達はお構いなしに腰を激しく動かしている。
秘部からは甘い蜜が溢れている。
しかも淫靡な音もしていた。

「お嬢さん、しっかりと感じているじゃないか」
「もうやめて」
「やめるわけないだろ」
と言いながら、男性はペニスで秘部の中を突いてきた。
「そうだな、やめる必要ないな」
と言いながら、お尻の穴の中をペニスで突いてくる。
私このままだ喘いじゃう。
それだけは我慢しないと……。
「ダメだ、出るぞ」
その時。
――ドピュッ、ビュルルルルッ、ビュルルルルルル……ッ。
ペニスが跳ねて白い液が秘部の中に出された。
「熱いのが秘部の中に入ってるの、いやぁ」
「こっちも出してやるよ」
その時。
――ドピュッ、ビュルルルルッ、ビュルルルルルル……ッ。
ペニスが跳ねて白い液がお尻の穴の中に出された。
「お尻の穴の中も熱いの、いやぁ」

私は初めてだったのに……。
男性は秘部からペニスを引き抜いた。
もう一人の男性もお尻の穴からペニスを引き抜いた。
男性達は満足するとどこかにいなくなった。
「どうしてこんな目に……」
ライガはまだ起きなさい。
「ライガ、起きて、起きて」
「んんっ……んんっ……」
ライガが目を覚ました。
「クラリス……」
ライガはまともにクラリスを見れないでいる。
しかし、心の中では笑っていた。
「ライガなんでちゃんと守ってくれないの」
「知るかよ」
「なっ、そんな言い方しなくても」
「うるさいな、クラリス」
ライガの様子が変だ。

ライガは拘束を解くとどこかに行ってしまった。
私はライガを追いかける。
どこにもいない。
二人で旅をしていたのに……。
その時。
後ろから誰かに殴られた。
「…………」
私は目が覚める。
「クラリス起きたか、おまえの秘部の中は気持ちいいな」
「ライガ何をしているの、やめて」
「うるさいな、もうすぐで出そうだ」
ライガのペニスが膨れ上がっている。
「中はダメ、中だけはやめて」
「俺の子を孕めよ」
「いやぁ、いやぁ」
その時。
――――ドピュッ、ビュルルルルッ、ビュルルルルルル……ッ。
ペニスが跳ねて白い液が秘部の中に出された。
「熱いのが秘部の中に……もういやぁ……」
とうとうクラリスは泣き出してしまった。

「何泣いているんだ、この旅はエッチな旅だ」
「そ、そんな……」
クラリスはショックを受けている。
「そんな顔をするな、クラリスを立派な女性にしてやるよ」
「…………」
クラリスのやつ、言う事を聞くしかないのにな。
「わかりました、ライガ、私をエッチな子にしてください」
「よく言ったな、じゃあ、これだけの男性を相手にしてもらおうか」
ライガの後ろを見ると数人の男性がいた。
もうどうなってもいい……。
私はエッチな子になると決意した。
line
1.二人旅

私は聖騎士様とこれから二人で旅をしようとしています。
そのための準備をしているところです。
私の名前はクラリス・オマージュ。
年齢23歳で王女をしています。
聖騎士様のお名前はライガ・ガラフレド。
年齢28歳です。
旅をするのがとても楽しみにしています。
「クラリスもう準備はいいか?」
「はい、持っていくものはもう大丈夫です」
「それならいいが……その高級そうな服でいくのか?」
「何かまずいですか?」
ライガは考えている。

「クラリス、もっと動きやすい格好でいってほしい」
「そうですか、わかりました」
私は動きやすい格好に着替えた。
「その格好は……まあいいか」
私は使用人が着るような格好に着替えた。
まあ、下着が見えやすいけど、気にしないことにした。
「それでは出発しようか」
「はい」
私とライガはお城を出て旅に出発することにした。
まずは城下町に行くと出口に向かう。
出口に着くと
「クラリス、心の準備はいいか?」
「はい」
私とライガは旅に出発した。

「ますはどこに行きましょうか?」
「ここから近い町に行こうと考えている」
「はい」
私とライガは一緒に歩いている。
歩いていると一人の男性が倒れている。
ライガが男性に近づいて
「大丈夫か?」
と声をかけると
「馬鹿め」
と言ってライガにナイフを刺した。
ライガは傷を負って倒れてしまった。

私は倒れているライガの傍にいく。
「ライガ、大丈夫?」
「クラリス、俺は大丈夫だ、それより逃げて下さい」
「あなたの事をこのままにしてはいけません」
私は詠唱を開始する。
詠唱を終えると回復魔法をライガに解き放った。
するとライガは回復はするものの、立ち上がるのはきつそうだった。
男性はこっちに近づいてくる。
その時。
私は後ろから誰かに攻撃された。
私は意識を失った。

私は目が覚めると
「ここはどこなの? ライガは?」
私は辺りを見回す。
そうするとライガはロープで拘束されていた。
ライガはまだ目が覚めていない。
私はキョロキョロしている。
誰もいないのかな。
その時。
line
2.悪役チート魔術師

私は目が覚めると起き上がった。
起き上がると私は即座に森に出かけた。
強いモンスターはいないかな。
どこにも見当たらない。
どこにいけばいいのかしらね。
あそこに強そうなモンスターがいるわね。
私はモンスターに向かって魅惑魔法をかけた。
これでこのモンスターは私の物ね。
このモンスターを国に襲撃させるのよ。
私ったら悪の悪だわ。
モンスターをつれて国の近くまで来た。
モンスターに命令を出して国を襲わせている。

みんなどうするのかな。
モンスターに向かって攻撃を仕掛ける者もいるが効いていない。
このモンスターは強いわね。
モンスターが女性のとこに行くと服を引き裂き犯し始めているわね。
あんな大きすぎるペニスを挿入されたら失神もんだわね。
私は近くに行くと女性に声をかけた。
「ねぇ、気持ちいいの?」
女性は
「苦しいだけです、お願い助けて」
「私意地悪だから見ている方が楽しいわね」
「そんな、ひどいです、助けて」
私は女性に感度が上がる魔法をかけてあげた。
「なにこれ、いやぁ、すごいの、感じるの」
女性は大きすぎるペニスで秘部の中を突かれている。
モンスターは容赦なくペニスで秘部の中を突き上げている。
女性も感じてて気持ちよさそうにしている。
こっちも見ているだけで濡れているわね。

モンスターがそろそろイキそうなようね。
出るのかな。
ペニスが跳ねて大量の白い液が秘部の中に出された。
女性は失神している。
モンスターはまだ満足しておらず、別の女性を探しにいった。
国中は混乱している。
誰もモンスターを止めることができない。
私はこの国にありったけの魔法をかけた。
そうするとどんどん建物が壊れていき、国は滅んでいく。
私はこの国を滅ぼした。
しかし、それだとひどいので時間魔法を使って国を元通りにした。
戻ったとはいっても建物のみだけだった。
人間は元に戻らない。

モンスターは女性とまだエッチをしている。
かなり面白いものがみれたわ。
私はモンスターを攻撃魔法で倒した。
モンスターは消滅した。
私は宿屋に戻りましょうか。
お部屋に戻ると私は寝台に仰向けになると目を閉じて眠ることにした。

アルファポリスという小説投稿サイトで執筆しています。
著者名はtaku19801です。
宜しくお願い致します。
line
1.転生、その先へ

私の名前は立凪華憐(タツナギカレン)。
年齢24歳。
職業はご令嬢をしています。
今、男性を虐めている最中です。
とても楽しいわね。
こんな楽しい事をやめるわけにはいきませんわね。
「どうなの? 痛いでしょ?」
「痛いし、もう虐められたくないです、やめてくれ」
「男性として恥ずかしくないの? 女性に虐められて」
「…………」
男性は黙っている。
「…………」
男性は意識を失っている。
困ったわね。
まあいいわね、そのままにしておきましょう。

その時。
私が振り向くと見知らぬ人に刃物で刺された。
えっ? 嘘でしょ? 私死ぬの? 嫌よ。
こんなとこで死ぬなんて最悪じゃない。
心臓を刺されている。
これじゃ助からないわね。
私の人生はここまでのようね。
虐めるのが楽しい人生だったのにこんな末路を迎えるなんて……。
こんなことならもっとちゃんとしておけばよかった。
意識が遠くなってきた。
もうだめみたい……。
私は意識を失った。
とうとう死んだのね……。

次に目を覚める時はあの世かな。
しばらく時が過ぎると……。
私は目を開けるとなぜか見知らぬ街の中にいた。
「ここは……どこなの?」
私は辺りを見回す。
知らない光景だらけだった。
私は近くの人に声をかけてここはどこなのか聞いた。
「あの、すいません、ここはどこなのかしら?」
「ここはクロリア大陸のクロリア国だよ」
「あ、ありがとうございます」
「それより君見慣れない服装しているな、どこのものだ?」
まずいわね、現代の格好しているじゃない。
なんて答えようかしらね。
適当に答えればいいわね。
「異国から来ました」
「なるほど、そうだ、魔術師鑑定はしたか?」
「何ですか? それは……」
「してないならしてきなさい、このすぐ近くにあるからね」
私は色々と教えてくれた男性に頭を下げてお礼をしたら
魔術師鑑定をすることにした。

ここが魔術師鑑定するところなのね。
人が並んでいるわね。
しょうがないわね、並んで待つとしましょう。
私の番がまわってくると魔術師鑑定が始める。
そうしていると水晶が割れた。
どういうこと? 何かまずいのかな?
そうしていると魔術師鑑定してくれた人が
「ここでは測れない、今から案内するからそこでするといいわ」
私は女性に案内されて違う場所に来た。
一緒に中に入ると一人の女性が出てくる。
案内してくれた女性は帰っていった。
女性は
「あなたが鑑定魔術師の水晶を壊したっていう人ね」
「そうですわ」
「この水晶に手を置いてごらんなさい」
私は水晶に手を置くと水晶の中に何かがいくつもあった。
これはすごいことなのかしらね。
私にはわからないわね。

「あなたすごいじゃない、すべての魔法を使えるだけじゃなくて精霊も自由自在に操れるじゃない」
「そうなんですか?」
「そうよ、まあ、そのためにはコントロールを覚えないとだめね」
「どうすればいいのか教えて下さるかしら」
女性は悩んでいる。
しばらく考え込んでいる。
「この本をあげるから、ご自身で経験を積んで頑張るといいわ」
「はい、ありがとうございます」
私は本を受け取ると出ていった。
本の中身を確認するとどうすれば魔法を使えるとか精霊を操れるとかが書いてあった。
私はじっくりと読んでいる。
最後にこう書かれてあった。
しっかりとイメージをすることによってちゃんとできるようになると書かれてあった。
もしかして思いやイメージが左右されるのかな。
うふふっ、私にできないことはないわね。
この国の近くに練習できるとこはないのかしら……。

私はうろうろとしていると外に出る出口を発見した。
私は外に出ると練習できる場所を発見する。
そこで私は練習をすることにした。
しばらく練習しているとコツを覚えてきてだんだんと
使えこなせるようになってきた。
本の内容をほぼこれでマスターしたわね。
これで後は実践あるのみ。
実験台になってくれる人はいるのかしら。
そこに一人の男性が現れた。
「そこの見られないお嬢さん、俺と遊ばないか?」
「私に言っているの? 勝てたら遊んであげるわよ」
「そうか、ならいくぞ」
男性は詠唱を始めると私に魔法をかけてきた。
しかし、私は防御魔法をかけていたので無傷だった。

「げっ、まじかよっ、無傷か、まいったな」
私は相手を脅すために詠唱なしで少し強力な魔法を
相手の手前にかけた。
そうすると地面がかなり抉れて大変な事になっていた。
「じゃあ、俺帰ろうかな……」
私は拘束魔法を男性にかけた。
「なんだこれは……解いてくれ」
「解かないわよ」
「あなたはこれから私が虐めるのよ、あはははははっ」
私は男性に近づくと男性の足を踏んづけた。
「痛いじゃねぇか、やめろ」
もう一回私は男性の足を踏んだ。
「痛いだろ、やめろ」
男性の股間あたりが膨らんでいるわね。
もしかして足を踏まれて感じているのかしらね。
私はさらに男性の足を踏んだ。
「痛いからやめてくれ」
「そのわりには股間のところが膨らんでいるわね」
「それはその、なんだ、知らないぞ」
「じゃあ、趣向を変えましょう」

私は男性の股間のところを足で踏んづけた。
「やめろ、それだけはやめろ、ぐぅ……」
「あらっ、大きくなってるじゃない」
私はもう一回男性の股間のところを踏んづけた。
「くぅ……くぁぁぁぁ……」
「何その声、感じているんじゃない」
「もうやめてくれ、これ以上は……」
私は男性の股間のところに手を当てる。
そして撫で始めた。
「気持ちいいじゃねぇか、やめろ」
私は膨れ上がっているペニスを取り出した。
「こんなにペニスが大きくなっているじゃない」
「みるんじゃねえよ」
「こんな大きくて反り返っているじゃない」
私は手でペニスを握ると手に氷魔法をかけた。
「なんだ、これはひんやりするぞ」
「気持ちいいでしょ、うふふっ、もっと感じなさい」
私は擦り始める。
「ひんやりしたのと気持ちいいのが交互にくるな」
私はもっと擦ってしごいている。

ペニスの先端から透明な液が出ているわね。
結構感じていたのね。
私は容赦なくペニスをしごく。
「やめろ、出ちまう、やめるんだ」
「出していいわよ、出しなさい」
私は激しくしごきはじめる。
ペニスが震えているわね。
もう出そうなのかしらね。
私はもっとしごいてあげた。
「出る、出るぞ」
私はペニスをしごくのをやめた。
「なんでやめるんだ、出そうだったのに……」
「あなたの事を虐めているの、簡単にイカせないわよ」
「くそぉ、これじゃ生殺しじゃないか」
「あははははっ、ペニスがイキたがってるわね」
男性はイケないからつらそうにしている。
イケなくていいのよ。
せっかくの虐めるものができたのに簡単に終わるとつまらないわね。

私はまたペニスをしごき始める。
手でペニスを激しくしごいている。
その度にペニスの先端から透明な液が溢れてくる。
「くっ、出る、出そうだ」
私は手でペニスをしごくのをやめた。
「はぁっ、はぁっ、はぁっ……イカせてくれ、つらいんだ……」
男性は本当につらそうにしている。
しょうがないわね。
私は手でペニスを握ると激しくしごく。
しごいているとペニスの先端から透明な液が出てくる。
かなり我慢しているから大変だわ。
ペニスが震えている。
そろそろ出そうなのね。
私は手でペニスを激しくしごいた。
「くっ、出る、出るぞ」

その時。
――ドピュッ、ビュルルルルルッ、ビュルルルルルルル……ッ。
ペニスから白い液がでて飛び散った。
私の手にも白い液がかかったわね。
手にかかった白い液を舌で舐めとった。
苦くて美味しくないわね。
「はぁっ、はぁっ、はぁっ……気持ちよかった……」
「虐められていくなんて変態だわ」
「変態でもなんだっていい、気持ちよかった」
「あはははははっ、情けないわね」
私は男性を見下ろして高笑いをした。
男性の拘束を解いてあげたいけど、解く必要ないわね。
このまま放置していきましょう。
私はクロリア国に帰ることにした。
「おいっ、どこにいくんだ、解いてくれ」
男性の声は私には届かなかった。

私はクロリア国に着くと宿屋を探した。
宿屋を見つけると受付で泊まることを伝える。
お部屋に着くとまだやることがあった。
この服装だとよくないとわかった。
私はこの世界の服装を生成をすると出来上がった。
これはいいわね。
現代の服を脱ぐとこの世界の服に着替えることにした。
下着どうしようかな、こんなアダルトなのを履いているとまずいわね。
私は考えることにした。
まあ、いいかしらね、このままでいきましょう。
服を着替え終わると私は寝台に仰向けになり、目を閉じて眠ることにした。
しかし、なかなか眠れない。
宿屋の外を覗くと男性が追いかけられている。

私には関係のないことだし……いいわよね。
明日に備えましょう。
明日も誰かを虐めてたりしてあげるわ。
line
2.父親からのお返事

私のお部屋の扉がノックされる。
「はい」
「お父さんだ」
「どうぞ、入って」
お父さんは私のお部屋に入ってくる。
「お返事をいいきたの前に言う事がある」
「お父さん何?」
「決して後悔はしないな?」
「うん、後悔はしない」
お父さんは意を決して言おうとしている。
「まずは楓のお返事だ、承諾しよう」
「それってつまり恋人になってくれるの?」
「ああっ、そういうことだ」
「ありがとう、お父さん」
私はお父さんに抱きついた。
「それとこれからはお父さんではなくて海斗と呼びなさい」
「うん、わかった」
「楓は良い子だな」
海斗は私の頭を撫でてくれた。
私はとても嬉しかった。

これではれて恋人になれた。
これからどうしようかな。
海斗に聞いてみよう。
「海斗、何かしてほしいことがあるの?」
「そうだな、美味しい料理が食べたいな」
「うん、わかった」
私は準備をすると家で出て買い物に行った。
家の近くにスーパーがあるのでそこで買い物をすることにした。
何を作ろうかな。
その時。
「楓、置いていくとは何事だ」
「ごめんなさい、海斗」
私ってば舞い上がっているわ。
「楓、荷物持ちくらいさせてくれ」
「うん」
海斗が優しい。
告白してよかった。

買い物の続きしよっと。
まずはお野菜を買って、次にお肉を買って、最後にお魚かな。
これで大丈夫ね。
「海斗、会計に行きましょ」
「行こうか」
私と海斗は会計に行く事にした。
会計でお金を払うと買った物を袋に詰めていく。
詰め終わると海斗が全部持ってくれた。
「海斗、荷物ありがとう」
「気にするな、これも男のお仕事だ」
「うん」
優しすぎていいわ。
家に着くと私は料理を始める。
「海斗待っててね、すぐ終わらせるから」
「ゆっくりでいいぞ」
「うん」

私は材料を出して包丁で切っていく。
すべて切り終わると野菜とお肉を鍋に入れていく。
お魚は焼かないとだめね。
しばらくするとお魚は焼けてお鍋の方も完成した。
できた料理をテーブルに運ぶ。
「海斗できたよ」
「本当か、どれどれ」
「美味そうじゃないか」
海斗は喜んでくれている。
「楓は食べるか」
「うん」
私と海斗は椅子に座るといただきますをして食べ始める。
「海斗、お味はどうかな?」
「楓、美味しいじゃないか」
「ありがとう」
海斗は美味そうにどんどん食べていく。
私も食べないとね。
本当に美味しい。

私もここまでできるとは思ってなかった。
これだけできれば問題ないわ。
次も料理頑張ろっと。
「楓、美味しかったぞ、ご馳走様」
「うん、全部食べてくれてありがとう」
私は心の底から嬉しかった。
また美味しい料理を作ってあげないとね。
これからも恋人としてふさわしい事をしてあげたい。

この物語はおしまいです。
line

アルカナハート3

E☆2

PSO2

PSO2 応援

PSO2_145x350_応援バナー04

ギュット

美少女ゲーム、アダルト動画、 同人のダウンロード販売

Gyutto

ゲッチュ

DLsite.com

プロマガ2

DLsite.com2

エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro

紹介

真剣で私に恋しなさい!A-5 ダウンロード販売 ハニーセレクト ダウンロード販売 シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~ ダウンロード販売 僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち! ダウンロード販売 ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版) ヒメカノ ダウンロード販売 ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド~ JKもビッチ!OLもビッチ!!主婦もビッチ!!!~ 神姫PROJECT R セクサロイドな彼女 ダウンロード販売 戦国プロヴィデンスX 戦乱プリンセスG アイドルうぉーずZ オンラインゲーム 千年戦争アイギスR オンラインゲーム ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~ ダウンロード販売 超★痴女メイド!2 ダウンロード販売 期間限定セール(毎週作品更新) 領地貴族 ダウンロード販売 娘のカレシは私の元カレ ダウンロード販売 百奇繚乱の館 ダウンロード販売 アマカノ+ ダウンロード販売 VR動画 学園公認!便女当番 ~爆乳美少女が当番制で性処理してくれちゃう~ ダウンロード販売 キルドヤR イディオムガールΩ 女神にキスを! 真・痴漢の極み(gif形式) ダウンロード販売 ヘイジング ダウンロード販売用 百奇繚乱の館×河原崎家の一族 ダウンロード販売 支配の教壇 姉×姉!どっちが好き?どっちも!! LitGear-X みにくいモジカの子 ルネソフトプレミアムパック1+2+3全部入り♡ ダウンロード販売 UNITIA X 神託の使徒×終焉の女神 UNITIA 神託の使徒×終焉の女神 私の奴隷になりなさい 第2章・第3章 イブニクル2 巨乳エルフ母娘催眠 「はい......人間様のオチ○ポを母娘でしゃぶらせていただきます......」 ダウンロード販売 宿星のガールフレンド2 -the destiny star of girlfriend- ダウンロード販売 ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- ダウンロード販売 屈辱2 崩壊天使アストレイア 蒼の彼方のフォーリズム Parfect Edition てにおはっ!2リミットオーバー 〜まだまだいっぱい、エッチしよ?〜 AVOP 18 あなたが決める、アダルトビデオ日本一決定戦 金色ラブリッチェ -Golden Time- ギルドマスター ジェミニシードX エンジェルロックX Feel Girls Emotion ins class="widget-banner">
line

line
プロフィール

ラルチ

Author:ラルチ
日々大事にしていきます。
宜しくお願い致します。
頑張っていこう

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
QRコード
QRコード
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
リンク
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
sub_line
sub_line