FC2ブログ
2.スペシャルメニュー

私が妹役でお客様がお兄ちゃん役です。

「お客様どうぞ、始めて下さい」

「わかりました」

お客様は緊張している感じがするけど、きっと頑張ってくれるでしょう。

「杏奈」

「お兄ちゃん何?」

いきなりお兄ちゃんが私の事を押し倒してきた。

「お兄ちゃん何するの、やめて」

「やめないよ」

お兄ちゃんが私の衣服を脱がしてきた。

「杏奈はこんなパンツとブラジャーをしているのか」

「うん」

「随分とエッチなのをしているんだな」

「ごめんなさい」

「お兄ちゃんはそそられるよ」

お兄ちゃんは私のパンツとブラジャーも剥ぎ取った。

「杏奈の乳房と秘部は素敵だな」

「お兄ちゃんあんまり見ないで恥ずかしいよ」

「見てもいいだろ」

「う、うん」

実は私、まだエッチをした事がない。

私はまだ初めてだった。

「杏奈の秘部はペニスを欲しがっているぞ」

「お兄ちゃんのペニスが欲しいの、頂戴」

お兄ちゃんはズボンを脱ぐとパンツを脱ぐ。

するとペニスが露わになった。

「お兄ちゃんのペニス大きいね」

「大きいだろ、これが今から杏奈の秘部の中に入るんだ」

「早くペニス頂戴」

私は興奮している。

あのペニスが欲しくて堪らない。

お兄ちゃんはペニスを一気に秘部の中に挿入してきた。

「痛いの、痛いよ、お兄ちゃん」

「杏奈は初めてだったのか」

「そうだよ、お兄ちゃんのためにとっとたいの」

「なんて良い妹なんだ、ありがとうな」

お兄ちゃんはいきなり腰を激しく動かす。

「お兄ちゃん、激しいよ、まだ痛いのに」

「ダメだ、妹の秘部の中が気持ち良くて堪らない」

お兄ちゃんは腰を激しく動かしていた。

「お兄ちゃん気持ちいいよ、もっと突いて」

「わかった」

お兄ちゃんはお構いなしに腰を動かしてくる。

「あんっ、あっ、あんっ、あっ、あぁんっ、あっ」
と喘いでいる。

お兄ちゃんはペニスで奥を突いてくる。

「そんな奥突かないで、入っちゃう」

「はぁっ、はぁっ、気持ちいいな」

お兄ちゃんはひたすらペニスで秘部の中を突いてくる。

「あんっ、あぁんっ、あっ、あんっ、あんっ、あっ」
と喘いでいる。

「杏奈は本当に気持ちよさそうにしているな」

「本当に気持ちいいの」

お兄ちゃんは腰を激しく動かしながら、ペニスで秘部の中を突いてくる。

「ペニスが気持ちいいよ、お兄ちゃん」

「杏奈の秘部の中が気持ち良くてもうイキそうだ」

「お兄ちゃんの白い液を中に頂戴」

お兄ちゃんは腰を激しく動かしている。

「私もイキそう」

お兄ちゃんは容赦なくペニスでがんがん秘部の中を突いてくるのだった。

「まずいな、出るぞ」

その時だった。

――ドピュッ、ビュルルルルッ、ビュルルルルル……ッ。

ペニスが跳ねて白い液が秘部の中に出された。

「熱いのが秘部の中に入ってくるの」

「杏奈の中は気持ち良かった」

「うん、お兄ちゃんが気持ちいいならそれでいいよ」

お兄ちゃんはペニスを秘部の中から引き抜いた。

「お客様、いかがでしたか?」

「楽しませてもらった」

「それはなによりです」

私はパンツ履いてブラジャーを着ける。

その後は制服を着る。

お客様は既にパンツを履いて服を着ていた。

「お客様またのご来店お待ちしております」

「ああっ、また行かせてもらうよ」

お客様は満足そうに帰宅した。

「私も帰ろうかな」

私も自宅に帰る事にした。

自宅に着くと鍵を開ける。

そして家の中に入ると
「杏奈お帰り」

「加奈子ただいま」

私と加奈子は一つ屋根の下で一緒に暮らしている。

これといってお互いに特別な感情を抱いているわけではない。

私は疲れているので寝室に向かった。

寝室に着くとベッドの上に仰向けになると私は目を閉じて寝るのだった。

明日もレストランに良い事がありますように……。
line
1.ここのレストランおかしい

私の名前は片桐杏奈(かたぎりあんな)。

25歳でレストランのオーナーをしています。

私とは別にお仕事の責任者がいます。

お名前は沢渡加奈子(さわたりかなこ)。

私と同じで年齢25歳。

私と加奈子でレストランを一緒に経営している状態です。

他にも従業員を雇いたいのですが雇えません。

ここのレストランはある一定の額を超える会計をしてくださったお客様には

とある事をしています。

「加奈子さん、お会計お願いします」

「はい」

加奈子は会計をしている。

加奈子が会計をしていると一定額を超えた。

一定額とは10000万円を超える事です。

超えたからとある事をしないといけない。

とある事とはエッチな事です。

「お客様、11000円になります」

お客様はお支払いを済ませた。

すると加奈子は
「お客様、こちらに来てください」

今のお客様は女性のお客様だった。

加奈子はお客様と奥のお部屋と入っていく。

お部屋の中に入ると加奈子は
「お客様、一定額を超えたので私にエッチな事をして下さい」

このお部屋はエッチな道具やら何もかもがなぜか揃っている。

「わ、わかりました」

加奈子は制服を脱いだ。

すると次にパンツとブラジャーを脱ぐ。

今の加奈子は全裸である。

加奈子はお客様にどんな事をされるのかを想像している。

想像しているだけで加奈子は秘部を濡らしていた。

お客様は大人の玩具を取ると私の秘部の中に大人の玩具を入れた。

「大人の玩具が入ってくるわ、気持ちいいの」

「き、気持ちよさそうですね」

お客様もこんな事をするのは初めてだと感じた。

「お客様どうか続けて下さい」

「は、はい」

お客様は大人の玩具を動かし始める。

大人の玩具が秘部の中で動いている。

「あんっ、あっ、あんっ」
と加奈子は喘いでいる。

大人の玩具が出たり入ったりしていると秘部から甘い蜜が出てくる。

甘い蜜が出てくるとお客様は甘い蜜を舐めた。

「美味しいですよ」

「そんな事を言わないでお願い、あんっ、あぁんっ、気持ちいいの」

加奈子は快楽の虜になっている。

お客様は大人の玩具を秘部の中で動かし続けている。

「あぁんっ、あっ、あっ」
と加奈子は喘いでいた。

お客様は陰核を見ると陰核が大きなっていたので舌で舐め始める。

「そこは敏感なの、舐めちゃいやぁ」

「そんな事を言って感じてるじゃないですか」

「あんっ、あぁんっ、あっ」
と加奈子は喘いでいる。

お客様は手で大人の玩具動かし、舌では陰核を舐めている。

「す、すごいよ、そんなされたらイッちゃう」

加奈子は仰け反っている。

今にもイキそうな感じだった。

しかし、お客様は大人の玩具を動きを止めた。

それと同時に舌で陰核を舐めるのもやめた。

「お客様どうしてやめるのですか?」

「続けませんよ」

「どうしてですか? 続けて下さい」

「お客様にその口の利き方はどうなの?」

「えっ?」

「えっ? じゃないです」

「わ、わかりました」

加奈子は考えている。

一体どうすればお客様は続けてくれるのだろう。

加奈子は必死に考えている。

しかし、思いつかないでいた。

加奈子は困っている。

加奈子は仕方ないので適当のこう言った。

「お客様どうか続けて下さい、私をイカせてっ!」

「あらっ、そんなにイキたいの?」

「は、はい」

「わかったわ、イカせてあげるね」

加奈子は頷く。

お客様は大人の玩具をまた秘部の中に入れると動かし始める。

それと同時に舌で陰核を舐め始める。

「気持ちいいよ、気持ちいいの、あんっ、あぁんっ、あんっ」

「貴女って意外と変態なんですね」

「私は変態です、だから、もっと弄って」

お客様は大人の玩具を秘部の中で激しく動かしている。

舌では陰核を舐めているがお客様は噛んだ。

「いやぁぁぁぁぁ」

「本当にイキそうなのね」

大人の玩具をひたすらに秘部の中で動かしている。

動かしていると甘い蜜が溢れ出してくる。

しかも淫靡な音も聞こえる。

お客様は容赦なく大人の玩具を使って弄っている。

「あぁんっ、あんっ、あっ」
と加奈子は喘いでいる。

「お願い、そろそろイキそうなの、イカせて」

「はい」

お客様は大人の玩具を秘部の奥深くまで入れた。

大人の玩具が奥深くの中に入った。

「あっ、あっ、奥深くまで入り過ぎ、あぁんっ」

「イッていいよ」

加奈子は悟ったこの状態で動かされたらイッてしまうと。

お客様は大人の玩具を秘部の中で激しく動かした。

「イク、イク、イク、イッちゃう」
と言いながら、加奈子は絶頂した。

「見事なイキっぷりね」

加奈子ははぁっ、はぁっ、はぁっと息が荒かった。

「お客様、ありがとうございます」

「はい」

お客様も満足そうにしている。

私の役目はこれで終わりね。

お客様と加奈子はお部屋から出る。

加奈子は仕事場に戻り、お客様はお店を出て行った。

すると杏奈は
「加奈子どうだったの?」

「杏奈それを聞くの?」

「うん」

「気持ち良かった」

「良かったね」

「うん」

杏奈と加奈子はまだお仕事中だった。

まだお客様もいて大変だった。

営業時間はそろそろ終わりだがまだ終わりではない。

すると残りのお客様がお会計をしにくる。

杏奈は会計をしている。

「お客様8000円になります」

お客様は支払いを済ませる。

お客様は満足そうにお店を出て行く。

次のお客様が会計をしにきた。

杏奈は会計をしている。

「お客様5000円になります」

お客様はお支払いを済ませると満足そうにお店を出て行った。

最後のお客様が会計に来る。

杏奈が会計をしていると
「何、この金額は……」

横から加奈子も覗くと
「この金額はすごいね」

なんとお客様のお会計額が10万円を超えた。

「お客様少々お待ちください」

「はい」

すると杏奈と加奈子は裏に入る。

「杏奈どうするの?」

「加奈子どうしようか」

「10万円を超えるなんて信じられない」

「そ、そうよね」

「このお店でエッチな事をさせるよりも何処かでさせた方がいいわね」

「そうだね」

「じゃあ、私は先に着替えて帰るね」

「うん、加奈子お疲れ様でした」

「杏奈も頑張ってね」

「うん」

加奈子は自宅に帰るためにロッカールームに向かうのだった。

杏奈は会計に戻る。

「お客様お待たせしました」

今目の前に立っているのは男性のお客様。

「お客様の合計額は11万円です」

お客様はクレジットカードを渡してきた。

私はクレジットカードを受け取るとレジに通す。

お客様にクレジットカードを返した。

これで会計は済んだ。

杏奈はこれからどうしようかと考えていた。

「お客様お店の外でお待ちになって下さい」

「はい」

お客様はお店の外へ出て行った。

杏奈はお片づけをして急いでお店の外に出る。

今の杏奈の格好は制服のままだ。

杏奈はお店の鍵を取り出すと鍵をかけた。

「お客様お待たせしました」

「はい」

「お客様はお会計額が10万円を超えたのでスペシャルメニューです」

「スペシャルメニュー?」

「はい、スペシャルメニューです」

杏奈はこの場で作ったメニューだ。

このレストランでは10万円を超える会計をするとスペシャルメニューができる。

1万円を超えるとお店の中で従業員とエッチな事ができる。

お客様は困惑をしている。

「スペシャルメニューとは私の事を好きなだけエッチができます」

「そ、そうなんだ……」

お客様は私の事をじろじろ見ている。

お客様は心の中でこの従業員は乳房が大きいし、お尻も大きいなと感じた。

「お客様何処でエッチしますか?」

「何処でって屋内でするんじゃないの?」

「お客様が外でしたいならしても構いません」

「じゃ、じゃあ、公園でエッチしたいです」

「畏まりました」

杏奈とお客様は公園に向かう事にした。

しばらく歩いていると公園に到着したのだった。

「お客様公園に着きましたよ」

「そ、そうだね」

お客様は緊張しているようだった。

「公園の中に入りましょうか」

「はい」

杏奈とお客様は公園の中に入ると茂みに行く事にした。

茂みの中に入ると杏奈は
「お客様はかっこいいお方ですね」

「あ、ありがとうございます」

お客様は赤面している。

「エッチの仕方はお客様にお任せします」

「は、はい」

お客様は頭の中で考えている。

しばらくお客様は考えていると何かを思いついたようだった。

「貴女が妹役で俺がお兄ちゃんをしたいです」

「畏まりました、では、お名前教えますね」

「はい」

「私の名前は杏奈です」

「良い名前ですね」

「ありがとうございます」

「では、始めましょうか」

杏奈が妹役でお客様がお兄ちゃん役。

お客様はこういうのが大好きなのかもしれない。

どんな事をしてくれるのかが楽しみだった。
line
こんばんは!

 神仏には感謝です。
line
1.貴女の事を……

今、私はお付き合いをしている人がいます。

そのお方は美河瑠香(ミカワルカ)。

年齢は20歳でOLをしています。

私のお名前は霧崎美琴(キリサキミコト)。

年齢は20歳でご令嬢。

最初は親友だったんですが、次第に意気投合をしてしまって恋人に発展したのです。

今は瑠香とお話をしています。

「瑠香、最近どうなの? 私にお話してくれないよね」

「美琴、どうしたのよ、そんな事を気にして」

「私変かな?」

「変じゃないけど、そういう聞くのやめた方がいいよ」

「そ、そうなの……」

恋人なのに色々と聞くのは良くないのかしらね。

でも、瑠香の恋人なんだし、私にも瑠香の事を聞くのは権利があるわね。

「そうだよ、美琴は最近どうなの?」

「瑠香は私が聞いた時に教えなくて私が教えるの? おかしいでしょ」

「それもそうね、わかった、私の最近の事を教えてあげる」

「うん」

瑠香は最近の事を教えてくれるようだった。

「最近はね、美琴の事を考えながらね、自慰行為をたくさんしてたよ」

「自慰行為って何かしら?」

「美琴した事ないの?」

「ないわよ」

「教えてあげようか?」

「いいの?」

「私達恋人じゃない」

「そうよね」

瑠香は私に近づいてくると私の服を脱がしてパンツを降ろす。

「瑠香、恥ずかしいわ、やめて」

「自慰行為の事を知りたいんじゃないの?」

「知りたいけど、恥ずかしいわ」

「美琴ったら可愛いね」

美琴に唇に口付けをされた。

「始めようか」

「う、うん」

瑠香は指を私の秘部の中に入れてきた。

「瑠香の指が秘部の中に入ってくる」

「指を動かすね」

「うん」

瑠香は指を秘部の中で動かし始める。

「何これ、気持ちいいの」

「そうでしょ、もっと弄ってあげる」

瑠香は指を秘部の中でかきまわしている。

「かきまわさないで、いやぁ」

瑠香は容赦なく指を動かしている。

「美琴感じているのね、ほらっ」

私の秘部の中から甘い蜜が出てきた。

「あれ? 美琴……これ何かな?」

「そ、それは……」

「美琴ってふたなりだったの?」

「う、うん」

「ペニスも大きくなっているね」

「さ、触らないでね」

「どうしようかな」

瑠香は私のペニスを手で握ってきた。

「触らないで」

「触って欲しそうにしてるのに」

瑠香は手で私のペニスをしごき始める。

「しごいたらダメだわ」

「ダメ」

瑠香は手でペニスをしごいてくる。

「そんなしたら出ちゃうわ、やめて」

「やめてあげない」

瑠香は手で激しくしごいてくる。

「出る、出ちゃうわ」

その時。

――ドピュッ、ビュルルルルッ、ビュルルルル……ッ。

ペニスが跳ねて白い液が射精された。

「すごい出てるね」

「美琴ひどいわよ」

「ごめんなさいね」

「でも、自慰行為って秘部を弄る事を言うのね」

「そういう事ね」

私はパンツを履くと服を着る事したのだった。

私はムラムラしている。

この気持ちどうしたらいいの。

瑠香を閉じ込めることにすればいつも居られる。

私は瑠香を閉じ込める事に決めた。

「瑠香、ついてきて欲しいとこがあるの」

「うん、いいよ」

私と瑠香は一緒にとあるお部屋に向かった。

しばらくしてとあるお部屋に着くと

「瑠香先に入って」

「うん」

瑠香はとあるお部屋に先に入る。

その時だった。

私は扉を閉めて鍵をかける。

「美琴何をするのよ、ここから出して」

「出してあげない」

「どうしてよ」

「瑠香の事が大好きだから閉じ込めるのよ」

「恋人なのにそんな事をする必要あるの」

「貴女の事を閉じ込めさせてもらいますわ」

「………………」

瑠香は黙ってしまった。

私はこれでいいと感じていた。

瑠香の事を調教してあげないとね。

とても楽しみだわ。
line
2.新作アダルトグッズ

「雫、もっと動かせよ」

「は、はい」

私は新作アダルトグッズを秘部の中で動かしている。

動かすととても気持ちよくなっている。

「雫、新作アダルトグッズのテスターしているだけなのに感じているのか」

「はい、この新作アダルトグッズはとても気持ちいいです」

私の秘部からは甘い蜜が出ている。

これは気持ちがいいという証拠。

私は現にこの新作アダルトグッズのおかげで気持ちがいい体験をさせてもらっている。

新作アダルトグッズのテスターをしているのに……。

新作アダルトグッズを動かすと秘部から淫靡な音が聞こえる。

私は快楽の虜になっているの。

「雫の秘部は濡れ濡れだな」

「は、はい、濡れすぎて大変です」

新作アダルトグッズを秘部の中でかきまわしている。

「あんっ、あっ、あっ、あんっ、あっ、あぁんっ」
と私は喘いでいる。

実はそろそろイキそうになっている。

「あの、イッてもいいですか?」

「新作アダルトグッズのテスターしてるのにイキくのか、イッていいぞ」

私は新作アダルトグッズを秘部の奥深くまで押し込んだ。

「ダメ、ダメ、イク、イク、イッちゃう」
と言いながら、私は絶頂した。

「見事なイキっぷりだな、雫」

「はぁっ、はぁっ、はぁっ、新作アダルトグッズのテスターって大変ですね」

「そうだな、まあ、まだまだ試すのはあるから頑張ってな」

「はい」

私は下着を履いてスーツを着ると社長室から出ていった。

「まさか私が新作アダルトグッズのテスターになるなんてね」

実は私も信じられないでいる。

成績が伸び悩んでいたのは事実だった。

その結果がこれなのね。

でも、誰よりも先に新作アダルトグッズを体験できるのはいいね。

私は心の中で嬉しく感じた。

次はどんな新作アダルトグッズか楽しみだった。
line

アルカナハート3

E☆2

PSO2

PSO2 応援

PSO2_145x350_応援バナー04

ギュット

美少女ゲーム、アダルト動画、 同人のダウンロード販売

Gyutto

ゲッチュ

DLsite.com

プロマガ2

DLsite.com2

エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro

紹介

真剣で私に恋しなさい!A-5 ダウンロード販売 ハニーセレクト ダウンロード販売 シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~ ダウンロード販売 僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち! ダウンロード販売 ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版) ヒメカノ ダウンロード販売 ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド~ JKもビッチ!OLもビッチ!!主婦もビッチ!!!~ 神姫PROJECT R セクサロイドな彼女 ダウンロード販売 戦国プロヴィデンスX 戦乱プリンセスG アイドルうぉーずZ オンラインゲーム 千年戦争アイギスR オンラインゲーム ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~ ダウンロード販売 超★痴女メイド!2 ダウンロード販売 期間限定セール(毎週作品更新) 領地貴族 ダウンロード販売 娘のカレシは私の元カレ ダウンロード販売 百奇繚乱の館 ダウンロード販売 アマカノ+ ダウンロード販売 VR動画 学園公認!便女当番 ~爆乳美少女が当番制で性処理してくれちゃう~ ダウンロード販売 キルドヤR イディオムガールΩ 女神にキスを! 真・痴漢の極み(gif形式) ダウンロード販売 ヘイジング ダウンロード販売用 百奇繚乱の館×河原崎家の一族 ダウンロード販売 支配の教壇 姉×姉!どっちが好き?どっちも!! LitGear-X みにくいモジカの子 ルネソフトプレミアムパック1+2+3全部入り♡ ダウンロード販売 UNITIA X 神託の使徒×終焉の女神 UNITIA 神託の使徒×終焉の女神 私の奴隷になりなさい 第2章・第3章 イブニクル2 巨乳エルフ母娘催眠 「はい......人間様のオチ○ポを母娘でしゃぶらせていただきます......」 ダウンロード販売 宿星のガールフレンド2 -the destiny star of girlfriend- ダウンロード販売 ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- ダウンロード販売 屈辱2 崩壊天使アストレイア 蒼の彼方のフォーリズム Parfect Edition てにおはっ!2リミットオーバー 〜まだまだいっぱい、エッチしよ?〜 AVOP 18 あなたが決める、アダルトビデオ日本一決定戦 金色ラブリッチェ -Golden Time- ギルドマスター ジェミニシードX エンジェルロックX Feel Girls Emotion ins class="widget-banner">
line

line
プロフィール

ラルチ

Author:ラルチ
日々大事にしていきます。
宜しくお願い致します。
頑張っていこう

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
QRコード
QRコード
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
リンク
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
sub_line
sub_line