FC2ブログ
2.兄様の悪戯Ⅱ

私は今淫具をつけて過ごしています。
今日はこれをつけて過ごさないといけない。
そろそろ次の日になろうとしている。
もう少し頑張れば、この淫具も外せる。
そのあと少しが長く感じる。
まだ次の日にならないのかしらね。
そろそろ限界が……。
そうしていると次の日になった。
私のお部屋に兄様が入ってきた。
「妹よ、どうだった?」

「とてもつらかったです」
「そうか、なら外していいぞ」
私は下着を脱いで秘部の中から淫具を取り外した。
「すごい濡れているじゃないか」
「兄様、びしょ濡れです」
「妹の秘部はエッチだな」
「兄様は意地悪です」
妹がこんなになるとは俺も予想外だった。
しかし、これは楽しい事だな。
「これからどうするかな……」
「兄様……どうするの?」
妹は俺の方をじっと見ている。
妹とエッチをするわけにはまだいかない。
自慰行為もまださせるわけにもいかない。

今日は下着を履かせないで過ごさせるか。
「下着を履かないで過ごしてくれ」
「兄様、わかりました」
兄様ったら、下着を履かないで過ごせなんて
恥ずかしい事をさせるのね。
でも、こんなに秘部がびしょ濡れだから丁度いいわ。
下着なんて要りません。
このままの状態で過ごして見せますわ。
スース―するけど、それも我慢して見せますわ。
そうしていると兄様がいきなり私のお尻を叩いてきた。

「きゃあ、兄様何をするの」
「妹のお尻を叩いただけだ」
「やめて、兄様……今は感じやすいの……」
「お尻を叩いただけで秘部の中から甘い蜜が溢れているじゃないか」
私の今の秘部はびしょ濡れで甘い蜜が溢れてて流れ落ちている。
足にまで甘い蜜が流れ落ちている。
こんな姿で過ごせというのはとても恥ずかしい。
でも、兄様の言う事は聞きたい。
私は頑張って見せる。
line
1.兄様の悪戯

私はアイリズ・クリスティーヌ。
年齢18歳。
クリスティーヌ城の王女をしています。
私には兄様がいます。
エルリア・クリスティーヌ。
年齢25歳。
兄様はクリスティーヌ城の王子をしています。
私は兄様の事が大好きです。
「兄様? 兄様はどこなの?」
私は兄様を探している。
しかし、探してもどこにいるのかがわからない。
兄様ったらどこにいるのよ。
そうしていると急に後ろから私の乳房が揉まれる。
「えっ? 何?」
後ろを振り向くと
「兄様、どこにいたの?」
私は乳房を揉まれていても気にしない。
兄様の事が大好きだから……。

「ごめんな、そこらへんをうろうろしていた」
「そうなんですね」
「アイリズ愛し合おうか」
「こんなとこでですか?」
私は赤面している。
こんなとこで愛し合ったら、他の人に見られる。
「別にいいじゃないか、アイリズは嫌なのか?」
「そ、そんな……ことはないですけど……」
「けど、なんだ? 最後まで言わないとお仕置きするぞ」
「兄様のペニスが大きくなっていて私に当たっています」
エルリアは下半身を確認すると確かにペニスが大きくなっている。
「ペニスが大きいのはアイリズが可愛いからだよ」
「に、兄様……」

私は兄様の唇に口付けをした。
さらにもう一回、兄様の唇に口付けをした。
「兄様……私……」
アイリズは急にその場から走ってどこかへ行ってしまった。
「アイリズのやつ、どこに行ったんだ、探しに行くか」
俺はアイリズを探すことにした。
一体どこに行ったんだ。
俺は城の中を手当たり次第に探している。
しかし、探してもどこにも見つからない。
アイリズはどこに行ったんだろうか。

仕方がない、自室に戻るか。
自室に戻ると何か女性らしき声というか喘ぎ声が聞こえる。
「兄様、兄様……あぁんっ……あんっ……あぁんっ……あっ……あぁんっ……」
とアイリズが喘ぎ声を出していた。
自室の中に入ると俺は
「アイリズ、何してるんだ?」
「えっ? 兄様……これはその……」
「自慰行為しているのか?」
「ご、ごめんなさい……兄様……」
アイリズは俺の部屋で自慰行為をしてたのか。
とんだエッチな妹だな。
自慰行為を続けさせるか、それとも中断させるか、どっちにしようか。
俺は悩んでいる。
中断させて良い事を思いついた。

「アイリズ自慰行為はやめろ、兄様の命令だ」
「は、はい、わかりました」
妹のアイリズは自慰行為をやめた。
アイリズは秘部が丸見えでしかも濡れている。
これを使うとしようか。
俺は魔法を唱えると淫具を生成をする。
「アイリズ、この淫具を秘部の中に入れろ」
「はい、兄様」
アイリズは渡された淫具を秘部の中に入れた。
「兄様、これはなんですか? 気持ちいいです」
「気持ちいいだろう、でも、こうするともっと気持ちよくなるぞ」
俺は淫具のスイッチを入れた。
「に、兄様……気持ちよすぎます」
「アイリズ、今日はそれを秘部の中に入れて過ごすんだ」
アイリズは頷く。
「下着を履いて自室に戻っていいぞ」
アイリズは頷くと下着を履いて自室に戻った。
兄様、これは気持ちよすぎるの、秘部から甘い蜜が溢れてくるわ。
下着も濡れてきている。
いやぁぁぁぁぁ、この淫具は気持ちよすぎるの。

兄様……この淫具をつけて今日は過ごせって……。
気持ちよすぎてどうにかなっちゃいそうですわ。
とりあえず、自室に着いたけど、どうしよう。
ベッドの上に私は仰向けになり、休むことにした。
淫具のせいで休めない。
淫具を取り外したいけど、外したくない。
兄様の命令は聞きたい。
兄様の事が大好きだから……。
この淫具に耐えて兄様からご褒美をもらうの。
今日この淫具をつけて過ごしてみせますわ。
line
2.先生の悪戯

私は昨日、九条とあんなことがあったせいで敦也と顔が合わせずらい。
どうしたらいいんだろう。
あっ……敦也だ。
どうやって声をかければいいのだろう。
敦也がどんどん離れていく。
その時。
一台の車が私の横に止まる。
「茜じゃないか」
「く……じょう……」
「なんだ? その歯切れの悪い呼び方は」
「九条」
ちゃんと俺の事を九条と呼んでくれるのか。
これは良い傾向だな。

「茜、俺の車に乗りな」
「遠慮しておきます」
「そんな事言っていいのか?」
「……っ」
私は何も言えない。
敦也を守るためなら何でもするしかない。
「の、乗らさせていただきます」
私は九条が乗ってきた車に乗車することにした。
九条は運転席に乗車するとシートベルトを締めて運転を始める。
そうすると車が動き出した。
「昨日の事は覚えているのか?」
「し、知りません」
「まだそんなことを言うのか?」
「九条に初めてを奪われました」
これはこれで楽しいな。
俺が茜の初めてを奪ったんだ。
あの時の茜の顔は忘れられないな。

これからは茜をしっかりと教育しないとな。
そろそろ学園に着くな。
俺は駐車場に車を止める。
そして茜に向かって俺は
「茜、今日一日、これをつけていろ」
「なんですか? これ」
「大人の玩具だ」
「こんなのをどうしろって……」
俺は茜に説明した。
「そ、そんな……これを秘部の中に入れるなんて」
「やらないとどうなるかわかっているな?」
「やります」
茜は下着をずらして大人の玩具を秘部の中に入れた。
そうすると大人の玩具のスイッチが入る。

「いやぁ、動かないで……」
「今日はそのままで過ごせ」
「はい、わかりました」
茜は車から降りると教室に向かった。
俺も職員室に向かうかな。
後で楽しみだな。
line
1.幼馴染が別の男性といる

俺の名前は草薙敦也【くさなぎあつや】16歳 高校生をしています。
私立鈴原学園【シリツスズハラガクエン】の生徒でもある。
俺には幼馴染がいてその名前は
雛鳥茜【ひなどりあかね】16歳 高校生をしています。
茜も私立鈴原学園【シリツスズハラガクエン】の生徒でもある。
しかし、茜には実は秘密があります。
俺は茜とこれから一緒に登校するところだ。
「茜、おはよう」
「敦也、おはよう」
俺は今日もいい気分だな。
茜も元気そうだし、何よりだな。

「それより茜……昨日さ、自慰行為していただろ?」
「えっ? なんで知っているの?」
「俺と茜の家って隣同士じゃないか、すぐ見えるしな」
「敦也のエッチ」
男性はみんなエッチだろうな。
それに家が隣同士なのにそういうことをするやつが悪い。
「まあいいわ、敦也になら見られてもいいかなって」
「俺になら見られてもいいって……」
「幼馴染で付き合い長いしね」
「そういうことか」

そろそろ学園に着くころだな。
「茜、また後でな」
「うん、また後で」
俺と茜はクラスが違う。
俺は自分のクラスへと向かう。
これからまた授業かと思うと憂鬱になる。
そうしていると一人の先生から声をかけられる。
「敦也、今日も元気そうだな」
声をかけてきたのは私立鈴原学園の教師でもある
新藤九条【しんどうくじょう】。
確か年齢が28歳だったはずだ。

「おはようございます、新藤先生」
「元気が何よりだな」
「はい、そうですね」
俺は自分のクラスの教室に入った。
新藤先生は別の場所へと向かった。
授業どうするかな、サボるかな。
サボることにしよう。
俺はサボるためにどこか時間を潰せるところを探す。
どこかサボるために良い場所はないかな。
良い場所を発見。

俺が良い場所を見つけたとこに入ろうとすると
なぜか茜の姿があった。
何してるんだ? と中を覗くと
そこには新藤先生もいる。
二人で何をしているんだ。
しかも今は授業中だろ。
俺も人の事を言えたことじゃないけどな。
二人はこれから何をするんだ。
俺はじっと覗いている。
「雛鳥茜……俺の言う事が聞けないのか? 自慰をしろって言ってるんだよ」
「どうしてそんなことをしないといけないんですか?」
新藤先生はスマホを取り出すとスマホの画面を茜に見せた。
「学園内で口付けはまずいだろう、しかも、幼馴染と口付けをしているとはな」
「そ、それは……お互いに大好きなんだからしてもいいじゃないの」
「それはそうだな、しかし、学園内はよくない」
茜は何かを見せられて脅されているようにも感じる。
一体、何が起きているんだ……。
俺はじっと様子を見ている。

「新藤先生、それは脅しですか?」
「脅し? 違うね、教育と言ってほしいな」
「どうしても自慰行為をしないといけないんですか?」
「できないと言うなら、草薙敦也に痛い目を見てもらうしかないな」
「わかりました、や、やります」
茜は仕方なく新藤先生の言う事をきくことにした。
「どうした? はやく始めろよ」
「その……ここでするんですか?」
「当たり前だろう、ここでしなさい、それともできないとか言うのか?」
「し、します、させてもらいます」
茜はスカートを脱ぐとショーツを脱いだ。

「雛鳥茜の秘部は綺麗だな、まだ初めてなのか?」
「初めてです」
「やっぱりやめた、自慰行為はしなくていい」
「本当ですか?」
茜はしなくて済みそうなので嬉しそうにしている。
しかし、それは大きな間違いだった。
俺の幼馴染の茜に新藤先生は何をするつもりだ。
ここで出るわけにはいかない。
じっとして見ていることしかできない。
新藤先生はズボンのチャックを降ろすと下着からペニスを取り出す。
「何をするんですか? 新藤先生……やめて……」
新藤先生は茜を突き飛ばすと茜は床に倒れ込む。
「雛鳥茜いや茜……今から犯してあげるよ」
「それだけはやめて……初めては……敦也にあげるの……」
「敦也にあげる? 俺に初めてをよこせ……」
新藤先生はペニスを秘部にあてがうと一気にペニスを挿入した。

「痛い、痛い、痛い、痛いの」
秘部から血が出ている。
これは初めてを喪失した証である。
「俺が茜の初めてをもらってあげたぞ」
茜は泣いている。
「そう泣くなよ、俺が今から気持ちよくしてやるからな」
と言いながら、腰をゆっくりと動かす。
「先生、動かないでまだ痛いの」
「そんなの知るかよ、動かないと俺が気持ちよくならないだろ」
と言いながら、腰を動かしている。
さすがに初めては秘部の中の締め付けがすごいな。
気を緩ませるとすぐにイキそうになるな。

仕方がない、激しく動くか。
俺は腰を激しく動かす。
「先生、そんな激しく動かないで」
先生はお構いなしに腰を激しく動かす。
「いやぁ、そんなに動かないで」
「うるさいな、茜は気持ちよくなることだけ考えてろ」
と言いながら、先生は腰を激しく動かしている。
「痛いから気持ちよくありません」
「なら、俺だけ気持ちよくなるだけだ」
と言いながら、ペニスで秘部の中の奥深くを突いている。
「やだっ、奥に当たってるの」
先生はペニスで秘部の中の奥深くを突きまくる。
「ダメ、なにこれ、変な感じ」
秘部を見ると甘い蜜が出てきていた。
「なんだ、好きでもないやつに犯されて感じているのか」
「そ、そんなことありません」
「じゃあ、これなんだ」
と言いながら、先生はペニスで秘部の中を突いている。
その時。
秘部からは淫靡な音がしていた。

「エッチな音をたてないで」
「感じていると認めろよ」
「……感じています」
「あははははっ、認めたか……そろそろ出そうだ、中で出してやる」
先生はラストスパートといわんばかりに腰を激しく動かす。
「中に出すのはやめて、赤ちゃんできちゃう」
「そんなの知るかよ」
先生は腰を激しく動かしている。
「いや、ペニスが秘部の中で膨らんでる、中に出さないで」
「出るぞ」
――ドピュッ、ビュルルルルルッ、ビュルルルルル……ッ。
ペニスが跳ねて白い液が秘部の中に注がれた。

「そ、そんな……熱いのが秘部の中に出てる」
「ふぅ、気持ちよかったな」
先生はペニスを秘部から抜き抜いた。
新藤先生……茜と性行為しやがって……許せないな。
俺は中に入った。
「これは敦也ではないか、そこで何をしている?」
「俺の幼馴染の茜に何してんだ?」
「見ればわかるだろ」
くそっ……茜が……。
「敦也、俺を殴れば君もただでは済まないよ、いいのかな?」
「…………」
俺は何もすることができなかった。
「敦也……ごめんね……私の初めて奪われちゃった……」
俺はその場で泣き崩れた。
「あははははっ、敦也、茜の事は俺がちゃんと教育しといてあげるからな」
「…………」
俺はもうどうしていいのかがわからず、その場から離れた。
もう茜とはそんな会わないという感じがした。
「茜、いつまでそうしている気だ、敦也を守りたいんだろ? 俺の言う事を聞け」
「はい、新藤先生」
「これからは九条と呼びなさい」
「はい、わかりました」
これから茜と九条はどうなることだろう。
敦也の運命はいかに……。
line
2.王女の調教

王女はまだ意識を失ったままだ。
これでは調教ができないではないか。
仕方がない、起こすか。
俺は魔法を唱えると目覚めの魔法をクレイア王女にかけた。
「んんっ……んんっ……クリス……」
「目が覚めたか」
「私どうしていたの?」
「意識を失っていたんだ」
私は意識を失っていたのね。
夢かどうか確かめないと……
秘部のところを見ると何かまだ刺さっている。
夢じゃないのね……。

「さて、調教と行こうか」
「嫌、嫌、嫌」
クレイア王女は首を左右に振る。
「そんなことを言っていいのか?」
俺は陰核に刺さっているものを動かした。
「痛い、痛い、痛い、言う事聞きます」
「それでいいんだ」
俺は魔法を唱えると陰核に感じやすくなる魔法をかけた。
「何をしたの?」
「そのうちにわかるさ」
俺は陰核に刺さっている物を動かす。
「痛い、痛いの、やめて……クリス……」
「やめるわけないだろう」
俺は陰核に刺さっている物を動かす。
「痛い、痛いの、本当にやめて」
やめたら意味がない。
俺は陰核に刺さっている物を動かし続ける。

「痛い、痛い、もう無理です、やめて」
クレイア王女の秘部を見ると甘い蜜が出てきているな。
痛みで感じてきているのか。
クレイア王女も意外と変態だな。
もっと動かしてやるか。
俺は陰核に刺さっている物を動かしている。
「痛い、痛い、痛いの、いい加減にやめて」
「やめていいのか? クレイア王女」
「そ、それは……やめて欲しいです……」
「じゃあ、やめてやる」
俺は陰核に刺さっている物を動かすのをやめた。

「えっ? 本当にやめたの? どうして?」
「クレイア王女がやめて欲しいですって言うからだ」
「…………秘部が疼くの……もっと弄ってほしいです……」
「わかった、弄ってやろう」
俺は陰核に刺さっている物を動かしている。
「あぁんっ……あぁんっ……あんっ……」
とクレイア王女は喘いでいる。
俺はもっと陰核に刺さっているものを動かした。
「あんっ……あっ……あっ……あぁんっ……あっ……あぁんっ……」
とクレイア王女は喘いだ。

本当に感じてやがるのか。
秘部を見ると甘い蜜が溢れているじゃないか。
俺は指で秘部に触って甘い蜜を掬いあげる。
そして舐める。
「甘い蜜舐めないで下さい」
「クレイア王女の甘い蜜は美味しいな」
「は、恥ずかしい」
クレイア王女は赤面している。
そろそろ仕上げにかかるか。
俺は陰核に刺さっている物を動かす。
「あぁんっ……あっ……あぁんっ……あっ……あんっ……あっ……」
とクレイア王女は喘いでいる。
そろそろ頃合いか。
秘部がヒクヒクしている。
イカせてやるかな。

俺は陰核に刺さっている物をひたすら動かしている。
「ダメ、ダメ、イク、イク、イク、イッちゃう」
と言いながら、クレイア王女は絶頂をした。
「絶頂したのか、おめでとう、クレイア王女」
俺は冷たい視線でクレイア王女を見下ろしている。
クレイア王女ははぁっ、はぁっ、はぁっと息が荒かった。
「クリス……」
「なんだ?」
「もうこんなことはやめて」
「やめないし、クレイア王女はもっと立場を考えた方がいい」
俺は陰核に刺さっている物を取った。
そして陰核に回復魔法をかけて回復させた。
陰核は元の綺麗な状態にもどった。

「クレイア王女、まだまだ続きますよ」
「もう嫌です」
クレイア王女は泣いている。
今は泣いていればいい。
そのうちに私をもっと虐めて下さいと言うようにしてやるさ。
line

アルカナハート3

E☆2

PSO2

PSO2 応援

PSO2_145x350_応援バナー04

ギュット

美少女ゲーム、アダルト動画、 同人のダウンロード販売

Gyutto

ゲッチュ

DLsite.com

プロマガ2

DLsite.com2

エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro

紹介

真剣で私に恋しなさい!A-5 ダウンロード販売 ハニーセレクト ダウンロード販売 シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~ ダウンロード販売 僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち! ダウンロード販売 ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版) ヒメカノ ダウンロード販売 ビッチが集まるテーマパーク!水龍敬ランド~ JKもビッチ!OLもビッチ!!主婦もビッチ!!!~ 神姫PROJECT R セクサロイドな彼女 ダウンロード販売 戦国プロヴィデンスX 戦乱プリンセスG アイドルうぉーずZ オンラインゲーム 千年戦争アイギスR オンラインゲーム ダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~ ダウンロード販売 超★痴女メイド!2 ダウンロード販売 期間限定セール(毎週作品更新) 領地貴族 ダウンロード販売 娘のカレシは私の元カレ ダウンロード販売 百奇繚乱の館 ダウンロード販売 アマカノ+ ダウンロード販売 VR動画 学園公認!便女当番 ~爆乳美少女が当番制で性処理してくれちゃう~ ダウンロード販売 キルドヤR イディオムガールΩ 女神にキスを! 真・痴漢の極み(gif形式) ダウンロード販売 ヘイジング ダウンロード販売用 百奇繚乱の館×河原崎家の一族 ダウンロード販売 支配の教壇 姉×姉!どっちが好き?どっちも!! LitGear-X みにくいモジカの子 ルネソフトプレミアムパック1+2+3全部入り♡ ダウンロード販売 UNITIA X 神託の使徒×終焉の女神 UNITIA 神託の使徒×終焉の女神 私の奴隷になりなさい 第2章・第3章 イブニクル2 巨乳エルフ母娘催眠 「はい......人間様のオチ○ポを母娘でしゃぶらせていただきます......」 ダウンロード販売 宿星のガールフレンド2 -the destiny star of girlfriend- ダウンロード販売 ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- ダウンロード販売 屈辱2 崩壊天使アストレイア 蒼の彼方のフォーリズム Parfect Edition てにおはっ!2リミットオーバー 〜まだまだいっぱい、エッチしよ?〜 AVOP 18 あなたが決める、アダルトビデオ日本一決定戦 金色ラブリッチェ -Golden Time- ギルドマスター ジェミニシードX エンジェルロックX Feel Girls Emotion ins class="widget-banner">
line

line
プロフィール

ラルチ

Author:ラルチ
日々大事にしていきます。
宜しくお願い致します。
頑張っていこう

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
QRコード
QRコード
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
リンク
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
sub_line
sub_line